高速鉄道の幕を開けたこだまの存在

こだまとつばめの運命

電車特急こだまは、短命に終わった鉄道です。ですが、こだまがなければ、高速鉄道としての新幹線の必要性は、まだ遅れていた可能性もあるでしょう。さまざまな問題点もこだまがはっきりとさせていくことになり、新幹線へと思想が受け継がれていくことになります。

新幹線の登場とともに、こだまは在来線特急として1964年に廃止されることになりました。新幹線が登場してから廃止されたのではなく、実は新幹線の開通である10月1日の前日である9月30日に最後の日を迎えていたのです。これも大きな運命であったともいえるでしょう。ですが、こだまの名前は、高速鉄道としての東海道新幹線に残っていくことになります。

さらに高速化して、初めは5時間で東京から新大阪に到着することになるのですから、この時代の進化の速さは目を見張るところがあるでしょう。同時期に活躍したつばめは、そのまま廃止されることになっていきます。現在は九州新幹線の名称として復活することにはなりますが、この扱いの違いは大きなものといってもいいでしょう。日本の鉄道史の中でも、高速鉄道の幕開けになったこだまの存在は、電車として考えても、それだけ大きかったといえるのです。